キャットフードを選ぶ

今回は“プレミアムキャットフードの材料”についてのお話です。猫を飼っている家で一般的に使われているのは総合栄養食と呼ばれている、かりかりのドライフーズです。主として大人ネコのごはんとして作られていて、幼ネコには猫用ミルクや離乳食用あるいは食欲不振時にウエットフーズが使われます。ここまではあえて言うまでもない常識的な内容ですが、ではプレミアムキャットフードといった場合どういったものを指すかというと、猫の健康を考えて人間が食べても安全であるようなバランスの整った栄養配分がされている、いわゆる療養食のようなごはんの事です。

材料をも含めて最高品質である事が多い故に、賢明な愛猫家はプレミアムキャットフードを推奨しますが、ご周知の通りごく一般的な食事の最高で10倍もの価格差があるのですから、気軽に手を伸ばせる代物ではありません。ではプレミアムキャットフードなら何でも安心・安全と言い切ってしまって差し障りないかと思いきや、けしてそのような事はありません。プレミアムと名うっていても通常製品より大幅コストダウンしている食事もあるのですが注意すべきなのは使用されている材料なのです。

激安価格のキャットフードはその多くが材料にトウモロコシや小麦がメーンになっている事に加えて、肉素材をも羅列していながら裏をかえせば他の動物の死骸や病死した動物の肉が使われている事も珍しくありません。多くの猫はトウモロコシもあげれば味が良いので、ものすごいパクつきを見せてくれることもしばしばです。しかし元が肉食動物であった猫ちゃんたちの体に悪影響を与えないはずはありません。